園だより

保育園からのお知らせ

2020/7/9

織姫と彦星が年に1度だけ会える、甘く切ないロマンティックな日「七夕」園では皆の願いを乗せて毎年海に七夕流しに行きます。(ほんとは流しません、というより海に流してはいけません)

今年は、雨が降りそうだったため年長児と年中児で海に行きました。強風も強風で願いが風に乗り天まで届きそうでした。久しぶりの園外保育子ども達は大喜びでした。

皆の願い叶うことを祈ってます。

 

題名「農道万歳」

 

題名「魚が釣れてるわけではありません」

 

題名「この後、竹を寝かせました」

 

 

 

Category
園だより
Tag
2020/7/9

茨城県鹿嶋市公式Instagramを見たら、鹿嶋市にホタルのいる場所があるそうです。今から約25年くらいまでは旧園舎の下にある田んぼにもたくさんいました。今はほとんど見ることはなくなりました。

20時くらいに車を走らせ、たぶんそこであろう場所にいきました。ほんとに、こんなとこにいるのかと、疑った瞬間たくさんのホタルの光につつまれました。久しぶりに見たので感動しました。鹿嶋市いいところですね。

題名「自然のLED」

 

題名「上に飛んでるホタルは雄、下で待ってるホタルは雌」

Category
園だより
Tag
2020/5/14

園の一画に60センチのアクアワールドを開設しました。アクアワールドというよりも60センチ水槽のアクアリウムですが、、、

60センチだけど子ども達にとっては園のアクアワールドです。今のところ大盛況!魚のコンディションもバッチリ!ネオンテトラ・ヤマトヌマエビ・クラウンローチ・コリドラスジュリー・モーリー・ミッキーマウスプラティ・外国産グッピー・そして最後に国産どじょうを飼っております。なんとこのどじょうは、去年の春の散歩にて近くの田んぼにて捕獲した国産の中でも地元産!そうまさにどぜう。一年間15センチの虫かごに閉じ込められながらも園の敏腕Keeper(飼育員)菊地が大事に飼育しました。15センチから60センチの環境の整った水槽に移され元気に泳いでおります。

この一画が園の癒しになることを祈って水槽の掃除をしていきたいと思います。

 

題名「石を基調に仕上げました」

 

題名「どぜうをさがせ」

Category
園だより
Tag
2020/4/28

ラララ にじがにじが

空にかかって

きみのきみの 気分もはれて

きっと明日は いい天気

きっと明日は いい天気

 

題名「次の日ほんとに晴れました」

 

Category
園だより
Tag
2020/4/27

またまた、遅れましたが、4月4日に入園式を挙行致しました。例年ですと入園進級式なのですが、新型コロナウィルス感染拡大防止の為、入園児のみの「入園式」となりました。天気にも恵まれ、最高の入園式日和でした。園生活の始まりの日、期待と不安でいっぱいと思います。安心して園生活を送れるように職員一丸となり保育に精進する所存でございます。本年度もよろしくお願いいたします。

 

題名「入園式」

 

題名「決して目は閉じてません」

Category
園だより
Tag
2020/4/27

遅くなりました。去る3月25日令和元年度卒園式を挙行致しました。新型コロナウィルス感染防止対策の為、短縮にて式を行いましたが、あたたかいとっても良い式になりました。一番長く園に通った卒園児は6年5ヶ月です。無事に元気に卒園できて本当によかったと思います。

最後のお見送りの時に、ある保護者が一枚の写真を見せてくれました。卒園記念に作った陶芸のお皿を兄弟4人みんなが手にもっている写真でした。一番上のお姉さんが作ったのが20年くらい前です。ずっと大切に保管してくれていて、記念写真までとってくれいて、とっても嬉しかったです。

認定こども園大野めぐみ保育園は、いつまでも卒園生を応援しています。

 

 

題名「縮小して執り行っています」

 

題名「卒園おめでとう」

 

題名「父ちゃんも大変よくできました」

 

題名「パパは教え子」   写真が縦に配置できません💦

 

題名「コンプリート」

 

題名「フラッシュにご注意ください」

 

題名「卒園はママも名残惜しいもの」

 

 

 

 

Category
園だより
Tag
2020/3/24

先日、小学校の卒業式が終わった後にたくさんの卒園児たちが晴れ姿を見せに来てくれました。みんな小さかったのにほんとに大きくなりました。がんばれ卒園児たち!

認定こども園大野めぐみ保育園はいつまでも卒園生を応援しています。

 

 

題名「もう中学生」

 

題名「やっぱり小学生」

 

題名「やっぱり園児」

Category
園だより
Tag
2020/3/11

非常に残念ですが、今年度の年長児のお別れ遠足は新型コロナウィルス感染予防措置として中止にしました。

しかし、新企画「石窯でピザを焼こう」に変更しました。まず導入に「ピザって10回言ってみて」「ピザ、ピザ、ピザ・・・・ピザ」「ここは?」「ひじ」全然引っかからない年長児でした...というわけで導入が成功し、窯の中の温度は400℃ないとピザは焼けないとピザ窯の説明をしました。

耐火レンガをみんなで積んでピザ窯が完成。後日3時のおやつは石窯ピザ!一人一枚!自分たちでトッピングし石窯で焼いたピザの味は格別でした。また新しい思い出が増えました。

 

説明「この窯は2段式の窯です。下の段で薪で火をたき、上の段の温度が400℃位になりその熱(熱風)でピザが焼けるという仕組みです。ピザを置いている床が熱いわけではありません。熱いですけど。フライパンのように下だけが熱いわけではなく、上段の空間が熱いので焼き物の上側(トッピング等)もいい感じに焼けるというわけです。」

 

題名「ピザピザピザ・・・ピザ ここれは?ピッツァ!」

説明「ここが上段です。窯の奥側が空いていて上段と下段がつながっています。簡単な蓋で密閉するだけで窯内の温度がぐんぐん上がりこんがりおいしいピザが焼けました。ちなみに右端にあるアルミホイルの中身はラムチョップです。こちらもアルミホイルにくるんで入れるだけでミディアムレアなお肉が焼きあがりました。」

Category
園だより
Tag
2020/2/26

余談ですが、インドは毎日朝昼晩とカレーを食べるそうです。本場のカリー是非味わってみたいです。

昨日、シタール演奏者 ミナクマリ さんに来園していただきました。シタールと聞いても、音も楽器もあまりピンとこないと思います。シタールは北インド楽器で弦が19本もあるそうです。私たちの指は両手合わせて10本しかありません一体どのように音を奏でているのでしょね。実際に見ていても不思議な感覚でした。音を聞くとこの音がシタールだったんだと思います。映画やTVいろんなシーンで耳にしています。

心地よい音の中にマッチするミナクマリさんの声が会場を包み込みます。子ども達が分かる曲として童謡の「ゾウさん」も演奏してくれました。最高です。リラクゼーションです。心も体も休まる感じです。職員と即興コラボしていただいて「パプリカ」「Journey to Harmony」を演奏しました。すごいです。いつもの曲が大変身です。とても素敵な時間を過ごすことが出来ました。

 

題名「みんな釘付け」

 

題名「ギターじゃないよ、シタールだよ」

 

題名「カレーが食べたくなりました」

 

題名「パプリカのパワーは絶大です」

Category
園だより
Tag
2020/2/20

先日「地域のおじいちゃんおばあちゃんをお迎えする会」をしました。園児のおじいちゃんおばあちゃんひいおばあちゃん、地域のおじいちゃんおばあちゃんがたくさん来てくれました。この会の魅力は何といっても拍手と声援が多いことです。会場はおじいちゃんおばあちゃんの暖かい雰囲気に包まれ、子ども達は演技をします。「わぁ~」「かわいい~」「右から3番目うちの孫なんだよ」などと子ども達にとってうれしい反応をたくさんしてくれます。「愛されている」って思うときほど素晴らしい時間はないですね。ありがとうございました。

 

題名「出待ちがいちばんはしゃげます」

 

題名「孫のためなら」

 

題名「前が見えなくなりました」

 

題名「オーケーベイベー!」

Category
園だより
Tag